私の顔見知りの看護師が、この前、転職をし

私の顔見知りの看護師が、この前、転職をしました。比較的ラクそうな職場だったのに、どうしてなの?とそのわけを問うと、「暇でしょうがなかった。

もっと忙しく働いていたい」といったことでした。

なるべくラクな仕事が良いと考える人が多い中で、知人のような人もいるんですね。

交通事故により救急搬送された際に、医師が見つけられなかった鎖骨が骨折していることに気づいて処置してくださったのは若い看護師の方でした。

後になって、知りましたが、とてもお若い人なのに看護師長の立場だったのです。能力評価が正当にされた結果だと思います。

皆さんの中には、看護師の年収は高いと考えている方も存在するかもしれません。

しかし、看護師は夜の勤務がない場合、収入を増やすことができませんから、給料も低額ということがあります。そのため、独り身の時はシフトに夜勤がある病院に勤務して稼いで、成婚後は夜勤のないクリニックに再就業する方も多いでしょう。

看護師の役目で重要な事の一つに夜間労働があるという事があります。病院の場合、夜中に患者の病状が急変する事もありがちです。それに備えるために看護師には、夜間勤務があるのです。

といっても、ナースにとって、夜の勤めというのは体の調子を崩しやすくなりますし、負担が大きすぎると言えるでしょう。

辞職したいと考えている看護師は、実際、とても多い数になっています。

一番の理由は、きつすぎる労働で体調が悪くなってしまったり、給料に満足していなかったり、仕事場のややこしい人間関係で精神的に行き詰ってしまったりという事が多いです。転職サイト、看護roo!の中の対象が看護師のコミュニティサービスも、先輩看護師によるアドバイスや常日頃、看護師が注目している情報がいろいろ掲載されているので、とても人気があります。

また、看護師の疑問や質問、それに対する回答もコミュニティ内で知ることができるため、すごく役に立ちます。

看護師が転職する際の要領としては、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。それに、3ヶ月ぐらいは使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。急いで決めた仕事だと、再びやめることになる場合もあるので、希望の条件に合う仕事をじっくりと見つけましょう。

ですので、自分の中で条件をクリアにしておきましょう。

ナースは病棟の仕事仲間と食事会をすることがあります。急患が来ることも多い職場なので、みんなが集まることはレアですが、どうにか予定を合わせてどんちゃん騒ぎに参加します。仕事の愚痴など共感することが多く、ストレスが昇華されて飲み会はとても盛り上がります。看護師の転職を上手くいかせるには、これからのことを考察して早めに動きだすことが大切です。また、何に重きをおくのかを固めておいた方がいいでしょう。

これからどうなりたいかをはっきりして、そのビションに合致した転職先の情報を少しずつ収集してください。

年収、職場環境、働き方など、自分にとって譲れない条件も考察しておきましょう。

ナースには悩み事が多くあるものです。看護師は激務の代表のような職業なので、対人関係にも疲れてしまうことが多いのです。給与が良くても、たくさんの悩み事がある職業ですから、辞める人が多い職場もあります。看護師の人員が不足しているというクリニックも多いため、再就職はおすすめします。でも、思いのほか前職からの期間が経っていたら再就職できるか心配しますね。

転職を斡旋してくれるサイトなどをちゃんと使って不安な時に、相談にのってもらえるネットワークを活用してください。

看護師が引っ越しで転職するような時は、よく知らない場所での転職先探しは大変しんどいです。職場環境やその土地での評価などを一人で全部調べるのは難しいと思います。近隣の市町村で探す場合でも、希望に合った転職先を探すとなると、想像したよりも求人情報が少ないことに、愕然とすることもよくあります。

基本的には、看護士も看護師と表現するのも同じ職業を言い表わします。

違うところは、男性を以前は看護士、看護婦は女性に限るように男女によって分けて称していたものです。

現在においては、男性も女性も一緒に看護師という名で呼ばれています。看護師は医療機関で就労していますから、勤務時間は多岐に渡っています。それが原因で、安定してお休みが取れないといった不満があるのです。

看護師は医療機関にしてみると欠かせない存在ですが、でも、働く側から見れば良いとは決して言えない就業状態が多いようです。

看護師は医療ミスになるような行為を行っていない思っている方がおられるかもしれません。たまにお医者さんの手術の医療ミスが話題にあがっていますしね。ただし、注射をはじめ、点滴などのミスもあり、最悪、訴訟される場合もあるのが看護師です。

ナースの仕事の内容は治療に関することばかりでなく患者の生活の手助け的なことも、しています。

ですから、医療機関の中で看護師さんほど忙しい担当者は存在しないでしょう。

ですから、そんな看護師の業務にふさわしい待遇になってほしいと思います。

看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、仕事をする日が多くない仕事だったりが良いですよね。子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もかなりいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を見つけられるといいですね。看護師が転職したいと思っても、ひとりでは、待遇の話まではできかねることもよくあるのですが、そういう時には、看護師用の転職サイトを通すと代わりに交渉してくれるので、希望する条件で転職できる可能性が高くなります。

転職未経験の方には、採用に効果的な履歴書や職務経歴書の書き方について教えてくれることも役に立ちます。あなたにとってベストな看護師転職サイトをセレクトするためには、まず、自分が望むことをきちんと把握しておくこと、それがポイントになります。深く考えることなく、「転職してみたい」と思い描いているだけでは、あなたに合う転職先など見つかるわけがありません。

話題のマイナビ看護師の求人情報は離職率が低く職場環境の良い転職先を優先的に紹介してくれるので、転職後の職場で楽しく働いている人が多いようです。

担当のコンサルタントの方も医療知識があって、希望条件の詳細まで理解でき、希望条件と合う転職先を見つけ出してくれるのです。修学旅行やツアーにお供し、怪我または病気の応急処置や病院手配を行う看護師もいます。

結婚してお子様のいられる方は土曜日曜の休日があったり、夜の勤務がない職場を希望しているものです。病院とは違った場所で働くには、その場面に最適な専門知識を備えている認定看護師や専門看護師などの資格があると、就職しやすくなります。看護師さんが働くところと言われると病院という印象が世間では普通でしょう。しかし、看護師というお仕事を活かせる職場は、病院という場だけではないのです。保健所で保健師と協力し、周辺地域の住民の健康に対するケアを行うことも看護師の役目です。

さらには、福祉施設の多くでは医師が常駐していないので、医療のほとんどは看護師によって行われます。

看護師って医療関係者で堅実な職業と思われていますが、相当、ハードな仕事の割には賃金はそれほどたいしたことはないです。婦長クラスにまで昇りつめたら話は別ですが、その他の多くは割にあわない額なのです。賃金の低さに嫌気がさし辞職してしまう看護師も滅多にいないわけではありません。

看護師の平均賃金は、激務にもかかわらず、あまり高額ではないのが実態のようです。

ですから、いつもよりよい月給を支給してくれる職場を希望して転職者が動いています。

賃金が高い病院は、とても人気がありめったに求人が出ないので、看護師専門の転職サイトなどを使って、転職活動をしている人もいるようです。

転職をするのが看護師の場合であっても、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。

しかし、大変な思いをして看護師資格を得たのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。

全く異なる職種だとしても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は多くあります。大変な思いをして取れた資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。看護師という業種は、つくづく激務だと感心してしまいます。

夜勤も交代制でありますし、病院も経営難だったりして、少人数で回すしかない状態です。

過労で鬱になる方もたくさんいて、退職率も高かったりします。

白衣の天使とはいわれるものの、現状の業務は楽ではないようです。看護師の方が転職するときに具体的に自分が希望する職場の条件が全く想像できない場合もあるかもしれません。そのような場合は、たくさんの求人情報がある看護師専用の転職サイトを使った方が、自分にぴったりの新しい仕事先を探し出すことができるはずです。

早い時期に、辞める看護師はけっこうたくさんいます。

女性が多く、一度こじれると面倒で、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。

別の仕事と比較したら売り手市場の看護師は、再就職しやすいので、希望労働条件と著しく違う場合、退職して、他の医療機関に就職する人も少なくはありません。看護師が転職しようとする理由は、人間関係のこじれという人がかなりの数います。女の人が大半を占める職場ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする発端となる人も少なくありません。

ひどい環境を我慢して働くと、体調不良になりやすいですので、早く転職することをお勧めします。

看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはインターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。

看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには記載されていないケースも数多くあります。

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、求人元を「気風」という点からも検討できます。できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを間に入って話してくれる場合もあります。

▲ページトップに戻る